メニュー

ビットブルガー

Bitburger

ブルワリー

ビットブルガー

スタイル
ピルスナー(Pilsner)
abv
5%
IBU
-
公式情報
-

平均評価

平均スコア

3.15

  • 苦味 2.20
  • 酸味 2.05
  • 甘味 2.35

このビールに関する10件のレビューが投稿されています。

このビールをシェアする

このビールに関するレビュー

  1. 1
  2. 2

スコア

3.5

  • 苦味 2.0
  • 酸味 3.0
  • 甘味 1.5
ビットブルガー ビットブルガー は、ドイツのビットブルク発祥のビール醸造会社 (ドイツ語: Bitburger Brauerei)、また同社が製造するビールのブランド名である。 概要・歴史 編集 創業は1817年。ヨハン・ペーター・ヴァレンボルン (Johann Peter Wallenborn) によって、ドイツの南西部、現在のラインラント=プファルツ州に位置するビットブルクに醸造所が設立された[1]。1883年に、ドイツで初めてピルスナーという名称を用いたといわれている[2]。ほとんどの醸造所が、近辺のみにビールを出荷していた頃、すでに鉄道を使って出荷していた。これは、ザールブリュッケンの製鉄工場から、プロシアの軍隊に大砲を運ぶための鉄道ができたためであった[2]。 アイフェル山地の水と、大麦モルト、酵母、ホップを使用し、伝統的な長期低温醗酵で造られるビールは、ドイツでもっとも知られているピルスナービールの一つである。特に生のピルスナーでは、ベストブルワリーと評価されている[3]。 1995年イギリスグランプリにおけるミハエル・シューマッハのベネトン・フォーミュラのマシン、Bitburgerの黄色い広告が入っている ドイツ国内では「まずはビットをどうぞ」というキャッチフレーズで親しまれる[4]。 ドイツサッカー協会、および代表チームとの間にパートナーシップを結び、スポンサーとなっている。また、1994年にF1のベネトン・フォーミュラのスポンサーになるなどにより、国際的にも認知度が増した[1][3]。 主な輸出相手国はイタリア、スペイン、オランダ、英国、カナダ、米国などであるが、60カ国、約5万のダイニング施設でも販売され、30ヶ国の一流ホテル・レストランの指定銘柄として供されるなど、世界の多くの国にファンを持つといわれている[1][4]。
  1. 1
  2. 2

[広告]関連商品